厳冬期硫黄登頂~!から4日後。
厳冬期高尾をご一緒していただいたTさんからお誘いメール。
いやいや、ついこの間八ヶ岳いってきたばかりですし・・・
ちょっと厳しいなあ。。。。

でも、これ、「今」しかないかも。

というわけで硫黄岳から1週間もしないうちにいってきました。

「雲竜渓谷」

ここ、行ってみたかったんですよ。でも、今年はちょっと日程的に無理かな~なんて思っていたところだったのです。

 

2月3日 (金)6:00

始発列車の座席をキープするために気合入れて早く来てみたもの、ホームにはだーれもいない。
お弁当でも買ってようか~と売店にいけども、「まだ、お弁当きてないの」とw

でも、意外と暇ではない私たち(笑)

 

 

まあ、こんなことやっていたらすぐに時間もたってしまい、Tさん登場。
お弁当はまだ到着しないw

そんなこんなで間もなく発車時間。というときに、お弁当到着。
売店の方が「いま、お弁当きたから、待ってて」と車掌さんにw
そんなのアリなの?(笑)
売店の方総出でお弁当を用意してくだり、私たちを送り出してくださいました。
なんだか、朝からほっこり。

さてさて、無事、お弁当もゲットしたので早速、「かんぱーい」
って、まだ、朝の6時半にもなっていませんが(笑)

浅草で販売している「すき焼き弁当」といったら、当然、「〇半」と思い込んでいたのですが、
ちがったみたい。まあ、そうよね、お値段もふつうの駅弁価格でしたから(笑)

8時30分。東武日光駅到着。いいお天気です。ここからはタクシーでいってくれるところまで!

9時15分 雲竜溪谷登山口駐車場到着。ここまで、タクシーに送ってもらえました。

しばらくはこんな感じの林道あるき。
9時55分。稲荷川展望台。写真撮り忘れちゃいました。というより、私、どこに展望台があったのか気が付かなかったのですが、
同行のお二人は知ってたとのこと。 私、「展望台ないね~」って言ってたのにw

10時15分 洞門岩到着。ここでアイゼン、ヘルメット等を装着。
ここでも、写真を撮る余裕がなかった私w
しかも、雪に刺しておいたストックが風で飛ばされ、谷側に落ちてしまうというハプニングが。
Kさんが取りにいってくださいましたが、これでなにかあったら。。。ただひたすら申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
ストックを手から放すとき、どんな場所に刺すか。そういうことにも気を回せないと思わぬ事故を呼ぶことになるのだなと痛感。
ひとつ大事なお勉強をさせていただきました。Kさん、ありがとう。

ここから、しばらくは、河川沿いをあるきます。

「うわあ。。。。すげー。」
三人とも口から出てくる言葉はこればっかり(笑)
それだけ、奥にいけばいくほど絶景が広がっていくんです。

時折、アイゼンを装着したまま渡渉しなければならない場面も何度かあり、難儀することも。

11時56分。雲竜瀑到着。

もう、3人ともテンションあがりっぱなしですw

この写真を夢中でとるお二人の姿が今日一番の本気でした(笑)

 

 

かなり長~いこと撮影会は続き、いいお時間に。
帰りは来た道をもどります。

 

途中で電話して迎えに来てもらうはずのタクシーがこない、などのハプニングもありましたが、2時半ごろ
東武日光駅にもどってきました。

 

 

さてさて。ここからが、今日のメインイベント?!というくらい、とっても楽しみにしていたことが!!

日光東照宮400年を記念した東武スペーシア「日光詣」号。きんきらきんですw

 

 

 

そしてそして。

コンパートメント!!!個室を予約してみました。すごく広くて綺麗で快適!!!!
心置きなく打ち上げです。

 

 

今回も、どれもこれも、朝から晩までずっと最高な時間でした。

仲間に感謝です♪

 

2017/2/26 記

 

 

2 thoughts on “厳冬期シリーズ第三弾!雲竜渓谷。(2017/2/3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です