12時30分。間違えたであろう分岐点までどってきました。
言い訳ではありませんが、我々が歩いた場所以外、まったくのノートレースです。
先頭を歩くと言ってくれたKさんの膝まで雪に埋もれています。

この先、Tさんが撮ってくれていた笑えるお気に入り写真を。

先頭と歩くKさんに必死についていく私ですが。。。。
必死すぎたのか、いつもなのか不明なんでけど、足を出すタイミングから足を上げる角度、全部Kさんのマネしてます(笑)
なかなか群舞ではここまで揃えられないのにw(←アンサンブルのタップダンサーのつぶやき)

しばらくズボズボ埋もれながら歩きましたが、この日のお天気予報は午後、さらに思わしくないもの。
「今日はここまで」のKさんの言葉をみんなごく自然に受け入れて。そんな感覚がまた、いいパーティーだなと思える一コマでした。

もう、歩かないと決めたら、撮影大会。3人で写ってる写真を撮りたくても、歩いている人なんていません。
セルフタイマーを使って、大騒ぎな撮影大会。

 

そろそろ宿に戻ります。

 

すでに歩いてきたトレースも消えかかっていました。

宿に到着後は念願のかんぱーい。
これが最高に美味しかった!!!
ピークは踏めなかったけれど、なんだかとても気持ちはみたされていました。

中の湯温泉旅館のとっても豪華なお夕食はこちら。

 

とっても美味しゅうございました。

雪期焼岳と山開き前の上高地へ(2017/3/26-27)上高地編①に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です